日産リーフのレンタカーでEV初体験!

日産リーフ レンタカーでEV初体験 長時間試乗レポ  YouTube
先日、日産リーフのレンタカーでEV(電気自動車)を初体験してきました。
運転自体は拍子抜けするくらい普通のクルマとまったく同じ感覚でできるんですが、その割に運転していると注目度が高いのが不思議。
EVではガソリン車と比べて充電できるスタンドが限られているため、普通のクルマとは違った感覚でのドライブとなりました。

普通のクルマとおんなじところ。
違うところ。
思ったことを書いてみます。

まだまだリーフは注目度高い?

走っていると感じるのが、周囲からの熱い視線。
いや、派手なスポーツカーとかじゃないので誰からも注目されるなんてことはないのですが、電気自動車としてのリーフを知っている人が「おっ?」「まあっ!」と見る感じですかね。
レンタルしたのが「ラディアント レッド」という落ちついた赤という感じの色だったので、ちょっと珍しかったのかもしれません。

しっとりとした加速が大人っぽい?

ドライブモードで踏み込めばかなりの加速ができるんですが、エコモードでゆっくり走ればジェントルな走りができます。

たとえて言うなら、パーティで知り合ったドレス姿の美しい女性を送ることになったら、「こんな走りがしたい」と男性なら誰もが思うような走りができます(笑)

あるいは、深夜誰にも気づかれずに忍び足で外出したいときにも役立ちそうな気がします。
時速30km以下で(わざと)出している走行音も、スイッチを切れば無音にでき、ほとんど音を立てずに移動できるからです。

輪ゴムで弾かれたような加速!?

ベタ踏みでゼロから加速すると、体をシートに押し付けられるような感じです。
運転席でアクセルを踏んでる本人はそれほどでもないかもしれませんが、同乗者はびっくりするかもしれません。

うなるようなエンジン音が聞こえないので変な感じです。
あえて言えば、輪ゴムで弾かれたような、ふわっと宙に浮くような感じかな。

排気ガスが出ないことの精神的癒し

プリウスやアクアでもいい線いってるようですが、全く排気ガスが出ないことの精神的な負担の軽さはなかなかです。

環境を汚すということは、いずれは食べものなどを通して私たちの体に入ってくることになります。
ハイブリッドやEVがないときはそんなに意識することもなかったですが、こういうクルマが出てきちゃうと、どうしても考えてしまいますね。

また、エアコンをつけるとメーターい表示されている残り航続距離も減るので、なるべくエネルギーを使わないで入ろうという意識にもなります。

欠点は航続距離の短さ

最大航続距離は200kmということですが、上り坂や高速での急激なバッテリー消費などを考えると、無計画なドライブでは半径50km以内が充電なしで安心して移動できる1日の行動範囲といえなくもありません。
高速道路などで長距離移動が多い人は、この制限はちょっと躊躇する数値ですね。

急速充電スタンドは意外と少ない&値段もまちまち

充電設備を整えているところは、日産のディーラーをはじめたくさんあるものの、急速充電を備えているところはあまり多くありません。
ドライブの途中に立ち寄るには普通充電では時間がかかりすぎますから、普通は急速充電スタンドを利用することになると思います。
数も少ないうえ、値段も無料だったり1,000円くらいしたりと差が大きい。

ドライブするならしっかり計画をたてよう

普通、1日レンタカーを借りてドライブする場合、返却時に給油すればこと足ります。
でもリーフでは途中でバッテリーがなくなることもあるため、あらかじめどの道を通ってどこのスタンドで充電するかは決めておく必要があると思いました。

僕みたいに無計画に走り回るのが好きな人は、バッテリー切れに要注意です(笑)

YouTubeに動画もアップしました。

日産リーフについて、Kiss my lifeではこんな記事も書いています。
充電の不安無し?日産リーフのレンタカーが店舗で乗り換えできるキャンペーン