朝ジュース(スムージー)のダイエット効果が凄かった件

Share on Facebook8Tweet about this on TwitterShare on Google+0

Photo:Green Smoothie By:Wild Tofu
Photo:Green Smoothie By Wild Tofu

こんにちは!Yukioです。

ダイエットといえば辛い食事制限や運動をイメージする人も多いと思います。

でも今回僕が体験した「朝ジュース(スムージー)」によるダイエットは、美味しい!楽ちん!な方法でした!

1杯のジュース(スムージー)がもたらすダイエット効果

午前中には生の果物、あるいは野菜と果物をミキサーでジュースにしたもの(100%など市販のものは飲まない方がいいです)だけを摂るのがいいのは知っていましたが、ジューサーでジュースを作るのは面倒なのでサボっていました。

新鮮野菜と果物の極上フレッシュジュース! of 野菜宅配生活「らでぃっしゅぼーやの巻」
新鮮野菜とジューサーの合わせ技!

しかしミキサーに材料を放り込んで作るスムージーは簡単!

今回試してみたレシピはこちら。

バナナ・・・1本
小松菜orほうれん草・・・2〜3本(25g〜)
水・・・100cc

以上です。
これをミキサーに入れて混ぜるだけ。

僕はこのジュース2杯を午前中(朝)の全ての食事にしたところ、体重が順調に減り始めました。

子どものオヤツにも最適!

このスムージーは子どもにもウケが良くて、最近、外出先でお菓子の味を覚えてしまった2歳の子どもにオヤツ代わりに与えたところ、これが大人気!

最初こそ水のかわりに調整豆乳を入れたりして甘みを足したりして飲ましていましたが、今では大人と同じ前記のレシピのままでも一気飲み!

自分からジュース作りを率先してするようにまでなりました。

そのおかげで味の好みも少しずつ変わっているらしく、果物を食べたりするように。

新鮮な自然なものを食べつけていると、それ以外のジャンクフードは「不味く」感じるように味蕾細胞が入れ替わるといいますが、そういう変化が、僕と同じように息子にもおきているのかもしれません。

消化と細胞の再生を後押しする酵素のパワー

今回のジュースが体重を減らす原因は、おそらくこうしたフレッシュジュースがもつ「酵素」パワーだと思います。

酵素は体の中で消化や細胞の再生を助ける酵素に変化して使われるそうです。

酵素は朝のジュースだけでなく、昼食や夕食でも摂るべきですだと思います。

といっても果物は胃の中に何か入っている時に食べると胃の中で腐ってしまうので、生野菜サラダなどを食事につけることで、活きた酵素をとりましょう。

実際、僕も生野菜を食事につけないと食べたものが消化できずに体に残っているのか、体重を増やす原因にもなります。

本当は毎食サラダをたっぷり食べるほうがいいのですが、サラダが食べれなかったときは次の食事でサラダだけの食事にするなど、工夫すると体調も(ダイエット経過も)いいです。

今回の朝ジュースダイエットで参考になるのはこちら。

この本では朝ジュースがダイエットに効く理由を筆者みずからが試して教えてくれます。
ジュースにヨーグルトなど使っているところは乳製品も避けるベジタリアン(ナチュラル・ハイジーン)の僕としては賛同できないのですが、酵素のパワーなどがわかりやすく解説されています!

グリーンを積極的にスムージーづくりに利用したい人はこちらをオススメ。

前記の本がフルーツ中心としたら、こちらはグリーンが主役。
もちろん味のベースになるのはフルーツなので、美味しく飲めるのは前記の本と変わらないと思います。

Share on Facebook8Tweet about this on TwitterShare on Google+0