肩の痛みや顔が大きくなるのは骨盤のゆがみに原因があった?

Share on Facebook9Tweet about this on TwitterShare on Google+0

Photo:Poor posture affecting women By:Dreaming in the deep south
Photo:Poor posture affecting women By Dreaming in the deep south

こんにちは!Yukioです。

2週間以上前から右の肩から腕に痛みが出てきています。
病院でレントゲンをとっても骨に異常はなくて様子を見ていましたが、痛みがひく様子もなく、痛むところも肩だったり腕だったりと場所が移動してつかみどころがないので、先日整骨院に行ってきました。

そこでいろいろわかったことは、大元の原因は骨盤の歪みにあるということ。

ちょうど1ヶ月前に買ったこちらの本


DVD見ながらできる!背骨・骨盤ゆがみ直し健康法

にあるセルフチェックでもわかっていたことですが、僕は左の骨盤が開いていました。
整骨院で足のカタチをチェックしてもらっても、やはり同様の症状が現れていて、左の親指も外側に開いています。

僕は右の足に重心を置いて立つ癖があり、荷物も右肩にかけて持つことが多いです(右が持ちやすく左は持ちにくいため)。
また、右の目(まぶた)が大きく開いていて、左があまり開いていません。
話すときも片方の顔に口が寄ったりすることが多いようです。
肩は前よりになっていて猫背のようになっています。

こうしたことは自分でも自覚があることなんですが、整骨院では骨盤がゆがんでいるので背骨もねじれていると言われました。
それが肩甲骨や全身のゆがみにつながり、肩にも無理がかかっているので運動によって痛みが出ることになってしまったようです。

また、背骨がねじれているとリンパや血液の流れも阻害されて、むくみ、顔太りの原因になると聞いたことがあります。

体が歪んでいるといいことないんですね!

思い当たることは高校生時代から(当時から始まった走ることで出る左ヒザの痛み)あるので、この歪みの歴史は古いようです^^;

しばらく整骨院に通いつつ、自分で正しい姿勢を維持する方法(歪み直し体操とか、寝る・立つ・座るときの姿勢)をマスターしていこうと思います。

Share on Facebook9Tweet about this on TwitterShare on Google+0