Softbank 光に乗り換えました(Softbankの携帯使っているなら)

こんにちは。Yukioです。

数ヶ月前になりますが、光回線を「@nifty+auひかり」から「Softbank光」に変更しました。

奥さんと一緒にSoftbankを使っているので、光もSoftbankに変えれば安くなるらしい、ということは分かっていました。

でも、
「それほど変わらないんじゃない?」
「手間がかかるわりに安くならないんじゃ?」
などと考えてしまって、伸び伸びになっていました。

ところが、やっぱりムダな出費は抑えたい!という背に腹変えられない事情により(^^;)、ついに手続きを開始することに。

ボクはiPhoneを使い始めたころから「パケットし放題フラット」プランです。
奥さんは最近、「スマ放題+データ定額5GB」に変更していました。

最初調べた時は、ボクが使っている「パケットし放題フラット」プランだと割引が500円だったのですが、キャンペーンというのがずいぶん前から適用されており、データ定額5GB等と同じ1,522円割引(2年間)になっていることがわかり、乗り換えの手間異常に安くなることを確信して乗り換えしました。

調べてみると、Softbankの窓口よりも、Softbankのキャンペーンに加えて、独自の割引やキャッシュバックを提供している代理店の方がお得!とわかりました。

どこがいいかと調べていると、キャッシュバック手続きの容易さや、対応の良さ、分かりやすさなどからこちらのサービス
を最終的に選択しました。

すでに数ヶ月経過したので、Softbankのキャッシュバックも、上記の代理店のキャッシュバックも両方受け取っていますが、今から振り返っても「選んで良かった」と思える対応とカンタンさでした。

個人的に気に入ったので、もし友達に勧めることがあるとしたら、こちらのサービス
をオススメしたいと思います。

ではでは。



いつでもどこでもブログの記事を作成したい

Photo:Success in sight.... By:seeveeaar
Photo:Success in sight…. By seeveeaar

こんにちは、Yukioです。

ここのところブログを書く頻度が落ちていて、全然更新できていませんね。
動画の方で発信しているとはいえ、やはり娯楽用途に作る動画とブログは中身が全然違います。

ブログは最近気づいたことや悩んだ末に出した結論とか、そういうのをそのまま発信するのに向いていると思うんですよね。

ということで、いつでもどこでもブログを更新するための環境を考えてみました。

ノートパソコンを持ち歩く

今使っているMacBook Proはバッテリーの持ちもよくありませんので、これは却下です。ノートパソコンってネットにつながっていることが前提になっている感じがするし、思い立ったらすぐ書きたいという場合には、いまいち機動性がよくありません。

iPhoneにキーボードを持ち歩く

今まではこれでやっていました。しかしiPhoneにBluetoothのキーボードをつけても僕にとってはあまり文章作成効率はあがりませんでした。ソフトウェアキーボードを使っているときと違って、常に次の文字入力候補が表示されてるし、文章の途中を修正したりするときにこれがすごく邪魔なんですよね。

ポメラを使う


ポメラ DM5

単機能なために文章作成に集中できることで人気のポメラを使うというてを考えました。

前にもこの案を考えたんですけど、意外に値段が高かったのでやめたことがあります。

しかし最近ポメラの価格をみたら、廉価版のDM5というモデルが5千円切る価格でありました。4千円を切って売っている時期もあったみたいです。
DM5はUSBかMicroSDカードでのやりとりしかできず、出先で文書を作成にしたら、ブログに投稿するには自宅でパソコンに取り込むとかそういう作業が必ず必要になります。
しかしメインモデルが2万円近くすることを考えると、DM5がとても魅力的に思えてきました。近いうちに試してみたいと思います。

古くからの「さくらのレンタルサーバー」ユーザーに朗報?サーバーのスペックアップがあった件

iStock_000007430131XSmall.jpg

先日まで本ブログが利用していた「さくらのレンタルサーバー」から、以下のようなお知らせメールが来ていました。

タイトル:「さくらのレンタルサーバ」「さくらのメールボックス」ディスク容量増量ならびにOSバージョンアップに伴うメンテナンスのお知らせ

内容としてはタイトルのとおりなのですが、もしや?と思って確認してみたところ、なんとサーバースペックもパワーアップしていました!

NewImage.png

先日の記事で告白した以下のCPUと比べて、大幅にスペックアップしています。

CPU:Intel(R) Pentium(R) M processor 2.00GHz
メモリ:2GB

僕は「さくらレンタルサーバー」から「エックスサーバー」への乗り換えをほとんど決めかけていたのですが、試用期間中にトラブルがあって「エックスサーバー」からさらに高額な「シックスコア」に移行していました。

しばらく使ってみて、たしかに今までと比べて高速であるが、体感速度的には期待したほどアップしてなくて「微妙」な気分でした。

そこで今回のさくらのバージョンアップです。
なんだよ!!
問い合わせたときは「基本的にサーバーはそのまま」と言っておきながら、その時、あるいはその後すぐにアップグレードは決定していたのだと思います。

「教えてくれよ!」と叫びたいのはやまやまですが、もうシックスコアに料金を払い込んでしまって解約や途中返金は認められず…。

試しに「さくらのレンタルサーバー」に戻してみたところ…。
うーん、なかなかスピードアップしていい感じ。
これならシックスコアをやめてさくらのレンタルサーバー・スタンダードプランに戻しても良さそう。
来年からはさくらのレンタルサーバーで統一します(笑)

使い慣れたさくらサーバーではなくシックスコアに乗り換えを決めた理由

server.jpgブログの表示が遅いのでレンタルサーバーの乗り換えを検討していましたが、1週間ほど試用を繰り返してシックスコアへの移行を決めました。

さくらスタンダードプランとエックスサーバーの速度を比較せよ

実は「プランが同じでもサーバーのスペックは違うことがある」という情報を元に、現在契約している「さくらレンタルサーバー・スタンダードプラン」も試用しています。

今回試用したサーバーのスペックは以下の通りです。

さくらレンタルサーバー:スタンダードプラン(現行)
CPU:Intel(R) Pentium(R) M processor 2.00GHz
メモリ:2GB

さくらレンタルサーバー:スタンダードプラン(新たに申し込んで試用したもの)
CPU:Westmere E56xx/L56xx/X56xx (Nehalem-C)
メモリ:5GB

エックスサーバー X10プラン
CPU:Xeon E5-2430L ( 2.00GHz )
メモリ:16GB

シックスコア:S1プラン
CPU:Xeon E5-2430L ( 2.00GHz )
メモリ:16GB

さくらのサーバースペックがかなりレベルアップしているのがお分かりでしょうか?
エックスサーバーやシックスコアほどではないのですが、Pentium Mと比べれば遥かにハイスペックになっています!!

しかし残念ながら、さくらのレンタルサーバー同士の乗り換えは断念しました。
で、その理由とは?

1.さくらのレンタルサーバー同士の乗り換えの場合、ダウンタイムが少なくとも数時間ほど発生してしまう。

さくら同士の乗り換えの場合、一方のドメイン設定を解除してから、新しいサーバーでドメイン設定できるまでに2時間くらいはかかるようです。それからドメイン設定をし直して新たなサーバーで運営サイトがネット上でアクセスできるようになるまでには、数時間〜数日間に及ぶダウンタイムが発生すると思われます。「アクセスできません」というドメイン会社のメッセージとともに広告が表示される状態が長期間続いてしまうわけです。

さくら→シックスコアorエックスサーバーへの移行の場合は、このようなダウンタイムは発生しません。
エックスサーバーorシックスコアでドメイン設定してブログセットアップ→ドメインのネームサーバー書き換えというふうに行えば、どちらかのサーバーのブログにアクセスできる状態が数時間から数日間続き、いずれどこからアクセスしても新サーバーのブログにアクセスできるようになります(テスト移行ではそうなりました)

2.さくらのレンタルサーバーの場合、転送スピードは遅いまま。

CPUなどのサーバースペックがあがるとプログラムの処理速度は上がります。PHPプログラムを常に動かしているWordpressで構築したサイトの場合、それなりに表示速度はあがるものと期待できます。
ただそれは高速化プラグインを使っても実現可能(シュミレーション)できるものです。表示するページをまるごとキャッシュしてHTMLとして表示するプラグインも使ってみましたが、グーグルアドセンスの「ページの読み込み時間のパフォーマンス」はレッドサインのままでした。(エックスサーバーと同等スペックでより共有人数の少ないシックスコアの場合は、キャッシュなどの高速化の工夫をしなくても、そのような警告は表示されませんでした。アドセンスのスコアレポートは、改善ポイントが残っていても十分にサイトの表示が速ければ警告は表示されなくなるようです。)
また、FTPでサイトデータをアップロードする際もさくらではかなり時間がかかり、サイトの表示速度のもたつきはもちろんのこと、運営上のストレスも引き続き発生しそうでした。

3.一度契約したサーバーのスペックは改善されない

もし今のPentium(R) Mのサーバーが新しいものに入れ替えられる可能性があるなら、このままさくらを使い続けいようと思ったのですが、確認したところそのような改善は基本的にあり得ないそうです。故障など特別な理由がないのであれば、まだまだこの先もPentium(R) Mは現役ということなのでしょう。

(まとめ)
というわけで、さくらのレンタルサーバースタンダードプランからシックスコアS1プランへの乗り換えが決定しました!!
エックスサーバーX10プランへの乗り換えも検討したのですが、後述するようなトラブルがあったことと、無制限のマルチドメインによる負荷の増加を懸念したため断念しました。
さくらのレンタルサーバーは1日の転送許容量が大きいのが魅力ですが、許容量オーバーでペナルティをかけられたかと思うほどモッサリした動きが常時続くのはストレスになります。運営側にとっても、見てくれる人にとっても。
実際の乗り換えまでにはまだ少し時間がかかりますが、できるだけ早く快適な環境に移行したいと思います。

(エックスサーバーへの乗り換え作業中のトラブル)
さくらサーバーで問題なく動いていたWordPressのプラグイン(BackWPup)が暴走してしまい、サーバーのリソースを激しく消費したということでアクセスを止められてしまいました。
さして知識のない僕にはその問題を解決する知識もなく、ググってもそれらしい事例は見当たらず、原因は分からず終いでした。



さくらスタンダードプランとエックスサーバーの速度を比較せよ

server.jpg最近Adsenseレポートにサイトの状況レポートが生成されるようになり、ブログの表示が遅いことが気になりはじめました。そこでレンタルサーバーの乗り換えを検討しています。

いままでは、さくらのスタンダードプランという月額500円のサービスを使ってきましたが、ブログの表示はもっさりしています。

「さくらレンタルサーバーの良い点」
・月額料金の安いプランでも転送許容量が大きく、アクセスが増えても安心。


このブログがWordpressというCMSを使っているせいもあると思います。

なにかサーバー側で負荷がかかっていると思われる時間帯もあり、そういうときは本当に困ってしまいます。

そこで評判の良さそうなエックスサーバーのお試しをしてみました。

エックスサーバーのスペック


先に結論からいうと、Wordpressの管理画面は早くなったものの、ブログの表示に関しては期待したほどではありませんでした。
いえ、速いことは速いんですが、期待が高すぎたのかもしれません。

さくらもエックスサーバーも、アクセスの多い夜間はレスポンスが悪くなったりしますね。アクセスの少ない昼間はサクサク表示されるのは変わりません。どちらも共有している人数が多いので、反応速度もまちまちだと思います。

まあエックスサーバーの方がさくらより「遅い」という評判は聞かないので、比較すれば明らかに速いけど、時間帯や共有サーバーの負荷状況によっては大して差が感じられない、ということかもしれません。

ちなみにさくらのレンタルサーバーからエックスサーバーへの移行は以下のブログ記事が最も参考になりました。特に「Xserver専用裏手順」の部分ですね。著者の方、ありがとうございます!
WordPressをさくらインターネットからXserverへ | ナイスちょっとデザイン

具体的にいうと、URLにアクセスしてから最初になんらかの文字(タイトルや記事)が表示されるまでの時間は短縮されました。3秒かかっていたのが2秒とかそんなイメージですかね。

でもそれ以降はSNSボタンやらブログパーツなんかを各SNSのドメインから読みに行くので、もっさりとした表示には変わりありません。ここらへんはサーバー乗り換えとは別の工夫が必要かもしれません。

また、Wordpress以外でCSSやJavascriptなんかを多用したサイト(BiNDというホームページ作成ソフトで作ったもの)なんかもあまり早くはなりませんでした。これについては作成ソフトで吐き出したコードが問題になっていると思われますが、画像もスライドもない単純なテキストだけのページがWordpressで作ったブログより表示が遅いのはショックでした。

というわけで、ついでにシックスコアも検討しています。

シックスコアのスペック(ディスク容量は劣るものの、セキュリティや安定稼働に優れています)


こちらはエックスサーバーと比べてもさらに高いですが、エックスサーバーで2番目のX20プランよりは安いので、万が一エックスサーバーで転送容量が足りずにプラン変更なんかをするよりは、最初から安定して高速なサーバーを使った方がいいという気もします。

さくらスタンダードプラン:月額500円
エックスサーバーX10プラン:月額1050円
シックスコアS1プラン:月額1890円

シックスコアはビジネス向けというだけでなく、著名なブロガー御用達のレンタルサーバーらしいです。誰なのかは知りませんが。。。

シックスコアを使っているらしいブログの中でも、多少表示の遅いサイトも見受けますが、どんなサーバーであっても高速化の努力は常に必要ということでしょうね。
同じサーバーを使っていても、CPUやメモリ、共有しているユーザーの負荷などによっても変わるので、結局のところよくわからない部分も多いのがレンタルサーバー選びなんですが。

当ブログでもWordpressの高速化プラグイン(WP Super Cache)を一度試してみましたが、たしかに早くなって感動しました。(この記事公開時点ではオフになっています。いろいろテストしている最中ですからね)
今のさくらレンタルサーバーでも体感でエックスサーバーを超える表示速度が出ましたからね。
他の方のブログを見ていると「WP Super Cacheを使って速度アップを体感できない」というのもありますが、レスポンスの遅いサーバーだからこそ効果が分かるものなのかもしれません。

表示の速度、管理画面が快適に使えるか?などいろいろ試しながら、レンタルサーバー選びを続けていきたいと思います。
(この記事公開時点では、さくらのレンタルサーバーを利用しています。)

さくらにも上位プランのプレミアムがあるので、こちらも検討してみたいと思います。
こちらはスタンダードよりも同時利用人数が少ない(だいたい3分の1というウワサもありますが、サーバーによってまちまちのようです。CPUが最新のものだと共有人数も多くなるという話もあり、単純に「申し込んだ時にハイスペックサーバーに当たったからラッキー!」ってことでもなさそうです)というのが魅力ですね。あと、今まで長い間さくらを利用してきた安心感もあります。

参考までに、さくらとエックスサーバーとシックスコアのお試しで使ったサーバー情報を上げておきます。

さくらレンタルサーバー:スタンダードプラン
CPU:Intel(R) Pentium(R) M processor 2.00GHz
メモリ:2GB

エックスサーバー:X10プラン
CPU:Xeon E5-2430L ( 2.00GHz )
メモリ:16GB

シックスコア:S1プラン
CPU:Xeon E5-2430L ( 2.00GHz )
メモリ:16GB

エックスサーバーとシックスコアはサーバーの性能は同じですが、共有サーバーの人数やマルチドメインなどの制限があるため、シックスコアの方がユーザー(設置してあるサイト)ごとに使えるリソースが多いために安定&高速ということみたいです。

「この記事の続編」
使い慣れたさくらサーバーではなくエックスサーバーに乗り換えを決めた理由