最初の1歩が1番大変。でも2歩目からは?【DM6】(2) of 目標達成!人生を変える マナビステージ

HOME > ダイナマイトモチベーション > ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム > 最初の1歩が1番大変。でも2歩目からは?【DM6】(2)

特集・ダイナマイトモチベーションの効果を振り返る

【DM6】(2)最初の1歩が1番大変。でも2歩目からは?



目標が仕事であれ、恋愛であれ、あるいは人間関係や家族のことであっても、

理想の自分に近づくための最初の1歩を躊躇してしまうことって、やっぱりありますよね?


あんな人になりたい。

あの人みたいに仕事もプライベートも充実した人生に変えていきたい。


だけど、はっきり言って自分には無理なような気もする。

途中で挫折してしまいそう。


僕もダイナマイトモチベーションをやる前は、そんなふうに考えてました。

だから手に入れたいものがあっても、最初から諦めてしまう。

そんな自分が嫌で、まずます自信を失っていました。


仕事が見つからない!?それが転機になりました。


僕の場合、仕事が見つからなくなったことが、最大の転機になりました。

それまではエンジニアとしてバリバリやっていたものの、

やはり35歳を過ぎて次の仕事を見つけることが困難になりました。


以前から自分でビジネスを始めることを考えてはいましたが、

いざ始めるとなると勇気がなく、

ずっと今までの仕事にしがみついていました。

まだ仕事があるんだから無理しなくていいじゃないか!なんて。。。


でも仕事がなくなるとそうはいきません。

本気で考えなきゃいけない時期にきていました。


最初の1歩が難しい理由


ダイナマイトモチベーションでは、最初の1歩が難しい理由として、こんな話がありました。


今現在、何億、何千億というビジネスを動かしている人より、今何かを始めようとしている人の方が、よっぽど大きなエネルギーが必要。

だから、今こうしてダイナマイトモチベーションを聞き、日々のタスクに取り組もうとしているアナタの方が、よっぽど大きなことを成し遂げようとしていることになる。


今思い出しても、この話は6ヶ月間という長丁場のダイナマイトモチベーションを始める言葉として、すごく優れた話だったと思います。

こうして勇気づけてもらったことで、ダイナマイトモチベーションを卒業した自分があり、「目標達成が当たり前」になった自分があるのですから。


三日坊主で終わってしまう理由。そしてその解決策も大公開!


ダイナマイトモチベーションの最初の話では、もうひとつ大切なことが話されています。


それは大きなエネルギーが必要な最初の第1歩を踏み出しても、三日坊主で終わってしまう理由についてです。


なぜ大きな馬力が必要な最初の1歩を乗り越えても、そのモチベーションが続いていかないのか?

どうして自分でブレーキを踏んでしまうのか?

これまで立てたいくつもの目標が、達成できずに終わってしまったのは何故なのか?


ダイナマイトモチベーションの1ヶ月目の第1週に当たる最初のトラックでは、この秘密が分かりやすく説明されています。


ダイナマイトモチベーションを卒業して2年経過した僕にとっては、すでに自分の中で当たり前になってしまったこの話。


この話が自分のものになっているからこそ、今の自分があるんだと思います。


1.自分にとって最善の目標を立てること。

1.目標を微調整しながら、必ずそれを達成すること。

1.自分を好きになること。

1.そして家族との時間も大切にできること。


一見相反するこれらのことが、すべて実行可能になった今、もっともっと多くの人が、ダイナマイトーモチベーションを体験できる機会があればいいなと思っています。

【特集】ダイナマイトモチベーションの効果を振り返る

公式サイトで価格チェック