複利で成長する潜在意識のパワー【DM6】(5) of 目標達成!人生を変える マナビステージ

特集・ダイナマイトモチベーションの効果を振り返る

【DM6】(5)複利で成長する潜在意識のパワー



「意識は単利で成長するだけだけど、潜在意識は複利で成長する」

このことがよく理解できるようになったのは、ダイナマイトモチベーションを終えて1年ほど経ってから。

というのは、この時期にようやく、今までは見えない部分で成長していたものが、目に見える成果となって現れたからです。
日々のコトコツした小さな努力が本当に目に見えないところで成長していたことを、今の自分は気づくことができます。

このことを、大きな声で皆さんに伝えたい気持ちです。

意外なことの連続だった

今思えば、私が大きな成長を遂げるキッカケとなったのは、ちょうど1年ほど前にある人から仕事を頼まれたことでした。
その依頼には、その時の自分には到底応えることができないような大きな期待が込められていました。

断ることもできたでしょう。
あるいは「どうせやったって無駄だ」とか「どうせ小さな結果しか出せない」などと言って、うやむやにしてしまうことも出来たかもしれません。

だけど、これもダイナマイトモチベーションの教えなのですが、「他人から頼まれるということは、「アナタになら出来る」という確信があってのことなんだよ」という言葉を思い出し、依頼された仕事を請けることにしました。

そこから始まった努力は、数ヶ月後に実を結びはじめました。

途端に仕事がうまく運ぶようになり、これまでの10倍以上の実績を上げることができるようになりました。

これも、「期待に応えたい」という気持ちと、毎日、その日出来ることをコツコツと続けていたおかげだと思います。

複利で成長することのパワフルさ

これはもうホントに驚くばかりです。
最 近はダイナマイトモチベーションだけでなく、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という本も読みましたが、この本に書いてある成功者となるために身に 着けなければならない条件の多くがいつの間にか身についていたのも、ダイナマイトモチベーション修了後も小さな努力を続けていたからだと思います。

もしダイナマイトモチベーションをやらずに最初にナポレオン・ヒルを読んだら、理解できないことや、超えられない壁にぶつかっていたことでしょう。
もちろん、いつも側にいてコーチングとかしてくれる人がいれば別ですが、普通はそんな恵まれた環境にいる人はいないものです。
世の中のコーチングをやっている人の多くは、使い物にならないコーチであることも私はよく知っています。

距離の近さが成功の秘密だった

でもダイナマイトモチベーションは、まるで目の前で自分に向かって話しかけてくれているような「距離の近さ」がありました。

この「距離の近さ」が、ただ読むだけに終わってしまう成功本と違うところであったと思います。
すでに成功してしまった人から上から目線で話されても、どうしても自分のこととして感じられなかったり、自分も同じような高さまで上ることが出来ると思えませんでした。
そこがダイナマイトモチベーションと、他の成功本やセミナーなどとは違うところだと思います。

一番最初にダイナマイトモチベーションに出会えたことを嬉しく思います。
というか、ダイナマイトモチベーション以前に出会ったものは記憶に残っていないだけかもしれません。
それほど大きなインパクトが、このプログラムにはあったんです。

【特集】ダイナマイトモチベーションの効果を振り返る

公式サイトで価格チェック