仕事もプライベートも妥協しない、それが一番楽にうまく行く【DM6】(9) of 目標達成!人生を変える マナビステージ

HOME > ダイナマイトモチベーション > ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム > 仕事もプライベートも妥協しない、それが一番楽にうまく行く【DM6】(9)

特集・ダイナマイトモチベーションの効果を振り返る

【DM6】(9)仕事もプライベートも妥協しない、それが一番楽にうまく行く



私がダイナマイトモチベーションを卒業して、一番嬉しかったことの一つ。
それは、今まさに目標に向かって自分を変えようと努力していて、ダイナマイトモチベーションに取り組んでいる妻の言葉です。

妻が言うには、「自分が到達したいと思っている領域から引っ張ってくれる人(私のこと)がいてくれたから、同じように努力している他の人より確信を持って進める」のだそうです。

私だってダイナマイトモチベーションを完全に自分のものにしているわけじゃありません。
たとえば4ヶ月目の「メンタルマッスルを鍛える」で課題として出されていたことはチャンスがなくて出来ていなかったし、今ダイナマイトモチベーションを再び聞くと、「ははあ、なるほど~!」と初めて聞いたときと同じ感動を覚えることがあるからです。

けれど、そんなふうに不完全な私であっても、ダイナマイトモチベーションを始めたばかりの人と、6ヶ月続けてその後もダイナマイトモチベーションの心構えを実践している人とは、信じられないほど大きな差があるのかもしれません。

ダイナマイトモチベーション4ヶ月目の中でも石井さんがおっしゃっていますが、「潜在意識は、一度ステージが上がると簡単に下に落ちない」のです。
一段階上に上がるのは大変だけど、上がってしまえば簡単に落ちない。

たいていの人は「一段上がる」前にあきらめてしまったり、現状維持のメカニズムに引きずり下ろされてしまうのだけど、ダイナマイトモチベーションの考え方が頭にある人は、それに気づいたり、時には笑い飛ばしたりして前に進み続けることができる。

しかもそれは苦労して成し遂げるものじゃなくて、楽しくて楽チンなもの。
仕事の成功のために家族を見捨てるようなものじゃなくて、仕事の成功と人間関係や家族関係で幸せを感じる気持ちを同時に手に入れるものです。
一見矛盾するようなこの2つの面を同時に実現するのが、ダイナマイトモチベーション4ヶ月目の「潜在意識は人生全般を向上させる」です。

今の私にとっては努力もせずいつの間にかうまく行っているように思えることでも、今の妻や、以前の私にとっては奇跡のような話。
そして妻とこのようなことを素直に話せるのも、仕事の成功だけじゃなく家族との関係や両親との関係を、すべて自分の生きるパワーに変えることができて、毎日をリラックスして過ごせるようになってきたから。

もしダイナマイトモチベーションに出会っていなかったら、こんな変化はまだなかったかもしれません。

【特集】ダイナマイトモチベーションの効果を振り返る

公式サイトで価格チェック