最初の30日が修了しました【DMU】(2) of 目標達成!人生を変える マナビステージ

特集・ダイナマイトモチベーション・アルティメイタムが到着

【DMU】(2)最初の30日が修了しました


DMUってこんなもの?

ダイナマイトモチベーション・アルティメイタム、最初の30日間が修了しました。
DMUは30日のプログラムを2回、3回と繰り返していくプログラムです。
だからまだ一通り流しただけで、再度聞いていくうちにいろいろと感じたりする部分があると思います。

1回目の30日間が修了した今の率直な感想は、「こんなものかな?」
というものです。
もっとハッキリ言うと、期待したものと違うような気がしています。

前作のDM6の時みたいにハートに「ガツン」とくるような迫力があるわけではないし、石井さんの話し方もサラリとした感じで、まるで一緒に雑談をしているかのようです(?)。
いや、一生懸命話してくれている姿勢は伝わってくるのですが、以前と比べるとその迫力が感じられません。

話の内容自体も、自己啓発系の本をたくさん読んでる私からしたらどこかで読んだような話が多いようです。
確かに大事なことだし、石井さん自身が何年、何十年とかかって苦労して見つけてきた答えなのだろうと思います。
しかし私も少しは苦労してきて、何度も挫折しながら少しずつ成長してきた人間です。
もちろんDM6で石井さんに成長させてもらった部分も多々あります。
だけど、DMUでは「それはもう分かってるよ」と言いたくなるような話も少なくなかったのです。

不思議な感覚です

DMUは現状維持メカニズムの復習から入ります。
DM6ユーザーにはおなじみのテーマだと思います。
何度もDM6を聞いた私も、最初は「もう現状維持メカニズムの話はいいよ」なんて思ってました。
しかし、心を開いてよくよく話を聞いてみると、「わかってるつもりで分かってなかったかな?」と感じることが多々ありました。だからその時点では「DMUでまだまだ学べることがあるんだ。よかった、これで成長できる」と思ってました。

だから2週目、3週目と進むうちに、だんだんと「これはもうどこかで聞いた話だ」なんて感じるようになった自分に戸惑いました。
「はて?このプログラムから学んで成長できるはずじゃなかったか?」
「それともこれは、新しい学びを拒むための”現状維持メカニズム”なのだろうか?」

その答えはまだ出ていません。
正直、非常にやっかいなプログラムだと思います。

お話自体は素晴らしいし、石井さんとそれほど年齢が離れていない方は、心を開ける親友と一緒にいるかのように素直に話が聞けると思います。
しかし「学べた!」「成長できた!」という感覚は、DM6のようにすぐには現れないのです。

「話自体は前に本で読んだことある」
などと書きましたが、今までそういう考えに何度も触れているものの、自分がそれを出来るようになったかというと、なってないのが実情なんですよね。
だから、本当のこといって「DMUは学べることがいっぱいあった」んです。
でも。だけど。
そう簡単に人間は変わっていきませんよね。
だからこそ繰り返し聞くことを続けなくちゃいけないんですよね。

はたして2回目、3回目と聞くうちにどう変わっていくのか、
今から楽しみです。

【特集】ダイナマイトモチベーションの効果を振り返る

公式サイトで価格チェック