「CaptionTubeの使い方」YouTubeにアップした動画に英語字幕をつけてみた

CaptionTube
こんにちは!

やっと重い腰をあげて、YouTubeにアップロードした動画に英語字幕をつけてみました。
やってみると意外とカンタンだったのですが、最初はかなり悩んだのでメモ的に記事を書いておきます。

字幕をつけてみたいと思ってなかなか手をつけられなかった最大の理由はこれ。

YouTubeの編集画面には字幕を追加する機能がない

これはとても変なことです。
だって、YouTubeは動画にもよりますが勝手に自動音声変換(音声認識技術を使ってるんでしょうね)で字幕をつけてくれることがあります。
しかも、編集画面で自動作成したスクリプトを編集することだって出来るんですよ(ただし表示タイミングや時間などが編集できない)。

つまり字幕編集機能が「微妙に」あるのですが、1から字幕を作る機能はないんです。

英語の動画に英語の字幕を付ける場合は、単純にスクリプトを書いたTEXTファイルをアップロードすれば、YouTube側で勝手にタイミングを判断して字幕表示してくれるようです。

しかし日本語でしゃべっている動画に英語の字幕をつける場合や、元々の音声が聞き取りにくかったりする場合は、やはりYouTube以外の「オンライン字幕サイト」や「専用ソフト」を利用して「タイムコード付きの字幕ファイル」を作成してからYouTubeにアップロードしないと自由なタイミングや内容で字幕をつけることはできないようです。

いくつか字幕作成のためのサイトがあるようですが、今回使ってみたのは「CaptionTube」です。
YouTubeのヘルプページの一番上で紹介されていたので、とりあえず使ってみることにしました。
なお、「CaptionTube」はGoogleの方が作成されたそうです。

YouTubeの字幕とは?

字幕ボタン
この記事で言うところのYouTube動画の字幕とは、右のスクリーンショットにあるような動画の下に表示されている字幕ボタンを押して表示させる字幕のことです。
動画をYouTubeにアップロードする前に、動画編集ソフトで付ける字幕とは違います。

オンライン字幕サイト「CaptionTube」の長所と短所

僕が実際に使ってみて初めて分かったCaptionTubeの良い所は以下の通り。

1.一度作成した字幕は、ログアウトしても覚えておいてくれる。
 当然といえば当然かもしれませんが、最初は「字幕を作成して字幕ファイルをダウンロードしたら終わり」だと思っていたので。
2.手順を覚えれば使い方がカンタン。
 自己流でやってると使いにくいのですが、ヘルプに載ってるとおりの手順で字幕作成したらカンタンでした。

そしてCaptionTubeの悪い所は以下の通り。

1.編集画面で、タイムラインに表示されている作成済みの字幕とYouTube動画の再生タイミングがずれることがある。
 実際に字幕ファイルをダウンロードしてYouTubeにアップロードするとずれてないのですが、なんとなく不安になります。だけど一度編集画面を閉じて再度開けば、ずれが直っていることがあります。

「CaptionTube」で字幕を作成する前に

まずは字幕をつけたい動画の現在の状態を確認します。
該当動画の編集画面から「字幕」をクリックします。
字幕タブ

すでに文字トラックが存在する場合は以下のように表示されます。
有効な字幕

クリックして内容を確認します。自動的に作成された字幕テキストは意味不明な語句が並んでいる場合があります。それぞれのテキストをクリックすると編集できます。この例では「日本語字幕」として作成されていますが、中には動画の内容が日本語なのに英語字幕が自動作成されている場合があります。内容はメチャクチャなので言語を誤認識したと考えられます。この場合はタイミングもメチャクチャだと考えられるので、結局は新たに作成する必要があるかもしれません。必要ない字幕は「無効にする」をクリックして非表示にし、これから新たに作成するタイムコード付き字幕ファイルをアップロードしましょう。
字幕内容

「CaptionTube」にログインする

CaptionTubeへのログインはGoogleアカウントを使用します。
「ログイン」をクリックすると以下のような画面が表示されるので、ここでGoogleのメールアドレスとパスワードでログインします。
Google アカウント

ログインするとマイ動画画面が表示されます。
CaptionTube マイ動画

ここでいきなり全ての動画が表示される場合もあるのかもしれませんが、僕の場合は「非公開」の動画が1つしか表示されませんでした。
そこで右上の「Personal Video」か「Specific Video」ボタンを押して登録することになるのですが…。

Personal Videoを押してみると…

Application Error (500)
The Application Encountered an Unexpected Error
Oops! The application is not working properly.
Please try the following:
Look at URL and make sure it’s correct.
Try refreshing the page in your browser.

とエラーが表示されてしまい、自分の動画をインポートできませんでした。

そこで「Specific Video」を押します。
表示されるダイアログのテキストボックスに、YouTube動画のURLを入力します。
ただしここでhttps://という「s」付きのアドレスを入力すると以下のようなエラーが表示されてしまうので、

Please enter a valid URL for this YouTube video.
Note: if you do not own the video and it is private or cannot be embedded, you will not be able to import it. If you own the video, close this dialog and choose Personal Video to import it.

「s」付きのアドレスをコピペできてしまった場合は「s」を抜いてhttp://www.youtube.com/watch?〜というアドレスにして入力します。
CaptionTube マイ動画 1

このアドレスをコピペ。
YouTube

うまくマイ動画に指定した動画が表示されましたか?
表示されたら動画の右横の「編集」ボタンを押すと字幕の編集画面になります。

タイムライン表示でもリスト表示でも、どちらかやりやすい方で字幕編集を開始します。
動画編集に慣れた人ならタイムライン表示を選ぶと思いますが、文章の内容まで見渡したいならリスト表示が良さそうです。

<タイムライン表示>
CaptionTube 動画の編集

<リスト表示>
CaptionTube 字幕を編集する

これをマスター!字幕編集のカンタンな方法

基本的な字幕の追加方法は以下の通りです。
違うやり方もあると思いますが、おそらくこの方法が一番早いと思います。

1.動画を再生する。
2.動画を追加したい位置にきたら「+字幕を追加する」ボタンを押す。(表示開始位置が設定されます)
3.(字幕テキストの入力画面が表示されます)
5.字幕の切れ目にきたら、下のボタンを押して動画の再生を停止する。(表示時間が設定されます)
CaptionTube 動画の編集
6.字幕として表示したいテキストを「字幕テキスト」に入力する。
7.「字幕をセーブする」ボタンを押す。
あとは1〜7を必要な分だけ繰り返します。
「プレビュー」をクリックすると、それまで追加した字幕の表示を確認できます。

すべての作業が完了したら、下の「Publish」ボタンを押します。
CaptionTube 動画の編集

「SubViewer format(.sub)」を選び、「Download Now」を押します.
CaptionTube Publish Captions

以下のような内容のファイルがダウンロードされます。
ダウンロード

YouTubeの画面に戻り、「字幕や音声文字変換ファイルをアップロード」をクリックします。
YouTube  Broadcast Yourself 3

「字幕ファイル(タイムコードを含む)」が選択されていることを確認。言語を設定したら「アップロード」をクリックします。
YouTube  Broadcast Yourself 4

以上で作業は完了です。
アップロードした字幕ファイルが正しく反映されているか、動画を再生して確認してみましょう。

今回日本語の英語字幕を作っていて改めて思いましたが、やはりアルクさんの英辞朗は最強です。
いろんなジャンルの書籍やニュースソースから例文を引っ張ってきているので、いろんな状況でのいろんな英語の言い回しが見つかります。

せっかくの機会なので、よろしければ僕のYouTubeのマイチャンネルに登録をお願いします!
RentacarLife & Kiss my life

それでは。引き続き字幕制作をお楽しみ下さい。