ライトな雑談で相手との距離を縮めよう

Photo:coffee talk By:AnyaLogic
Photo:coffee talk By AnyaLogic

こんにちは!Yukioです。

数ヶ月前のことですけど、YouTubeスペースで初めてお会いしたクリエイターの方がいました。

その人は初対面の第一声から、有名クリエイターのダメだし、動画作りのなんたるかなどを真剣な表情で僕に語り始め、面食らったことがあります。

このように、初対面でまだお互いのことをよく知らないうちに結論ありきの会話(議論)を仕掛けるケースは希ですが、よく考えてみると、僕は結論を求めないライトな雑談って今までできてなかった気がします。

女性と会話するときは、結論ではなく話しを聴いて欲しい相手の気持ちを受け止めることが大切で、そこにアドバイスや結論を言う必要はないって言いますよね。

でも男性と会話するときも同じで、初対面の相手と仲良くなりたいときとか、相手との距離を縮めたいのなら、的確なコメントをしてやるぞ!とかそういう意識は邪魔になると思いました。

僕みたいな”友達がいないタイプ”の人って、自分のルールとか自分なりの考え方に固執していて、誰かと話すときもそのルールを当てはめてしまおうとするので、話す相手は拒絶されたように感じたり、仲良くなれる見込みがないと感じてしまうのかもしれません。

それと同じで、異性にモテないとか恋人ができないっていうのも、そばにいて窮屈そうに感じることが、相手を遠ざけてしまっているのかもしれません。

だから、これから僕はこんなふうに会話をしてみたいと思います。

まずはライトな会話で相手の世界を感じ取り、
相手の気持ちを受け止め、
さりげなく応援の気持ちを伝える。

ちょっと消極的に見えるかもしれませんね笑
でも今までの僕はシャイなくせに一度話し出すと自分の世界を押しつけるような雰囲気にしてしまうことが多かったので、それくらいがちょうどいいと思っています。

まあ「聴く」っていうことに関しても、相手が「聴いてもらえた」と感じて「もっとこの人と話したい」って思ってもらえるような聞き上手になるには、それなりの練習と経験が必要なんだと思いますけどねー。

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール