【動画あり】プラズマクラスターイオン発生機を4年使ってユニット交換 IG-B100

IMG 3388

こんにちは!Yukioです。

もう一度言います。
健康と美容に関して若干だけこだわりがあるYukioです^^

健康に関するこだわりの中で、一番基本なのは「空気」、そう「エア」。
この空気の吸収能力を高めれば、爽やかな朝から熱い夜まで、10年は若く生きられる、と僕は思ってるんですけどね。

酸素の吸収能力を高めるには、深呼吸とか有酸素運動とかいろいろあるんですけど、今日は空気清浄機の話にします。

整理整頓した環境で過ごすとリラックスできるといいますが、空気だって爽やかなら気持ちも晴れ晴れするというもの。

我が家では4年間しっかり働いてくれたシャープのプラズマクラスターイオン発生機。

トラブルもなく、僕の仕事環境を常にクリーンにしてくれて、以前は淀みがちだった部屋の空気を、いつでも気持ち良く保ってくれてました。

しかしそろそろイオン発生ユニットの交換時期がやってきました。
ナノイーとかでもそうですが、こういうのって決まった時間運用したらユニット交換しなきゃならないんですよね。

買うときはこう思いました。
約17,500時間で交換しなきゃいけない部品があるの?
1日24時間使ったら約2年?
なんか面倒くせーなあ。
普通は商品の寿命とか考えて買ったりしないけど、
こういうふうに制限時間とか書かれると
なんかいろいろ気になってきちゃうんだよねー。

まあものは試しと買ってみたけど、結局うちの使い方では4年持ちました。
故障もせず、効き目も悪くなることなかったねえ。よくがんばってくれた。

それじゃ、ユニット交換といこうかね。
がんばってくれたお礼をさせてもらうよ。

このIG-B100に対応する交換ユニットはこちら。
SHARP プラズマクラスターイオン発生機用 交換ユニット IZCB100

交換自体はすごく簡単に済みました。
種類にもよりますが、IG-B100に関してはドライバーなどの工具は一切必要なし。
はっきりいって「交換の手間」と呼べるほどの手間ではありません。
カンタンすぎます!!

このプラズマクラスターは本体両面に空気取り入れ口となるフィルターがありますが、ここにほこりが溜まります。
しかし表面を掃除機でぶいーんってやるだけでキレイになるのでお手入れ簡単。
しかも掃除の時期がくるとランプで教えてくれる親切さ。
エアコンのフィルターとか掃除するの忘れたりするじゃないですかあ。
でもこういう警告が出てくると、掃除するの忘れないのですよ。

なんだか新製品をベタ褒めする記事みたいになっちゃいましたが、
実際に4年間使用した家電製品のレビューでした。
次の4年間もよろしく頼みますね。プラクラちゃん。

ギャツビーのヘアワックス(ムービングラバー エアライズ)を買った

こんにちは!Yukioです。

髪が細くてペタッとしやすい人って、髪にボリューム感を出すために色々工夫してると思います。

僕は中学生のときは母親の「ケープ」っていうスプレーで固めてましたが、高校に入ってスポーツ刈りにしたからその必要がなくなりました。

今は髪が短いときはワックスをつかって髪を立ち上げたりしております。

使ってたワックスが無くなったので、新たにギャツビーのヘアワックスを買いました。

DSC00304緑のパッケージが爽やか!

ムービングラバーシリーズは、弾力のある固さを維持して何度でも動かせるというのがウリみたいですが、その中でもエアライズは、比較的軽やかな仕上がりが特徴とのこと。

DSC00309爽やかな青りんご系の香り

僕の髪はショートなので、どちらかというともっとハードな仕上がりになる「スパイキーエッジ」なる商品が良いそうなのですが、なんとなく「語感の良さ」でエアライズを選びました笑

GATSBY (ギャツビー) ムービングラバー スパイキーエッジ 80g

つけたあとはちょっとベタつくのは仕方ないですが、わりとしっとりした仕上がりなので、しばらく時間が経ってからも指で毛束を動かしたりすれば、いくらでも髪の印象を変えることができる感じです。

さっき気づきましたが、ギャツビーのページに行くと、この商品の使い方やらムービーが見られるんですね。
GATSBY:ヘアスタイリング

本当はワックスやスプレーで固めず、サラサラのままで髪が立ち上がってくれると嬉しいのですが、何かいい方法はないですかね〜。

瓶の紙ラベルのはがし方(インスタントコーヒー)

Photo:Braille wine label By:adactio
Photo:Braille wine label By adactio

こんにちは!Yukioです。

最近飲んでいるカフェインレスのインスタントコーヒー「マウントハーゲン」。
この瓶のラベルが薄い紙なんですが、協力な接着剤で固定してあるので、爪ではがそうとしても全く歯が立ちません。

そこで瓶の紙ラベルの剥がし方を調べると、種類によっていろんな剥がし方があるんですね。

水溶性のものはお湯などで簡単に剥がれるとか、水に溶けないものは熱で溶かせるとか。。

簡単に剥がすことができるラベルを採用してもらうのが一番なんですが、せめて剥がし方をラベルに書いておいてもらえると嬉しいのですが。

海外製のものなどはそもそもリサイクルマークもついてないので、自分で試行錯誤してみるしかないですね。

うちで消費しているドレッシングのラベルとかインスタントコーヒーの瓶についてるラベルは、「お湯で溶かす方法」がたいてい効きます。

熱湯に漬けてしばらく放置しておくといいのですが、表面のツルツルした面があるとなかなか接着剤の部分までお湯が浸透しません。
だからある程度剥がしてからが良かったりしますね。

みなさんは何か工夫していることありますか?

うちでよく飲んでいるインスタントコーヒー↓↓↓のラベルは、お湯でキレイに剥がせました。

交換インク買うより安い!新しいインクジェットプリンタを購入した

奥さんが「印刷できないよ!」というので見てみたら、インクカートリッジの認識エラーでした。

今まで使っていたのはHP Photosmart C3175という5年以上前に購入したもの。

カートリッジの接続端子のクリーニングをしてもダメなので代わりのカートリッジを買おうと思いましたが、ふと思いついてプリンタを検索してみたら…。

なんと交換カートリッジを買うよりも安い値段で新品のプリンタが買えるじゃないですか!

しかもネットワークプリントやiPhoneからの印刷、自動両面印刷にまで対応して価格は驚愕の3,980円、じゃなくて、今また値下がりして2,980円になってた!
プリントだけじゃなくスキャンやコピーもできる複合機ですが、Amazon最安値の人気商品でした。

届いて早速使ってみましたが、期待通りの使い勝手の良さ!

買い替えて良かったと思える、よい買い物でした。

今まではHPのインクカートリッジは印刷ヘッドも一体型のため高い!ということでしたが、どうも今回の3520のカートリッジ(HP178)はヘッドが一体型ではないようです。
4色独立型だからでしょうか。

NewImage

ENVYなど、カラー3色一体型インクカートリッジを採用したものは、今まで同様ヘッドが一体になっているように見えます。

印刷コストでいえばENVYの方が3割ほど高くなるようですが、プリンタヘッド詰まりのリスクが少ないのはENVYなのでしょうか。
ただ、Deskjet 3520シリーズでも詰まりの話は調べたけど出てこないので、他社製のものより症状が少ないのかもしれません。

HPの前はエプソンのインクジェットプリンタを使っていましたが、使おうとするたびに目詰まりしており、その度に何度もクリーニングを行うハメになり、クリーニングだけでインクが無くなったこともありました。
修理に出せば5,000円〜10,000円くらいかかるし、その後も症状はずっと続くのでストレスになってたんですよね。

ランニングコストを気にするなら、互換インクも気になります。
互換インクには、

1.インクだけ買って補充(残量表示はできなくなる)
2.カートリッジ(ICチップ無し)→純正品にカートリッジのチップを取って貼付ける
3.カートリッジ(ICチップアリ)→2に比べて高いが張り替えの面倒がない。

という種類があります。
このICチップというのは、純正インクであるかどうかを見分けるために付いているだけのものらしく、純正カートリッジからカッターなどではがして互換インクに貼付けます。
試しに2のカートリッジを買ってみましたが、はりかえに失敗する恐れもあり、やってみるまでちょっと不安です。

また、プリンタヘッドの目詰まりなどを防ぐには、やはり純正インクの方がいいという意見もあるし、長期間問題なく使えている例もあるようです。

Amazonの口コミなどやQ&Aサイトを参考にするといいかもしれません。

作動音は大きめですが、前に使っていたC3175と「同じくらいかな?」というレベル。夜中、隣の部屋で寝ている人がいたら気を使うぐらいのボリュームです。

日本HP インクジェットプリンター HP Deskjet 3520

両面印刷で7000円台! 激安複合プリンター「Deskjet 3520」の実力 日経トレンディネット

届いた液晶モニタ台を設置してみたら…ちょっと奥行きがありすぎた?

desktop.jpgこんにちは。Yukioです。

早速注文した液晶モニタ台が届きました。
机の上に設置してみると…。

台の奥行きが28センチあるため、思ったよりノートパソコンが手前に来てしまいました。
この台は奥行きのあるデスク向けですね。

大きさはメジャーで測って知っていたんですが、3Dで考えてませんでした。
だから開いたノートパソコンのモニタがこんなにキーボードを手前に押しやるなんて、気付かなかった。

こうなるとノートパソコンは横に置いて、別途キーボードやマウスを使いたくなります。
MacBook Airだと、クラムシェルモードにして液晶モニタの横に立てておくという手もありますね。
ノートパソコンを開いて置ける台も持っているので、それを使うと外部ディスプレイと同じぐらいの高さまでMacBook Airのディスプレイを上げることもできます。
そこまでしてやっと、2画面をフルに使って快適な作業ができるかな?

まあ情報収集したりブログを書いたりするのはAirの13インチモニタでも間に合うんですよ。
ただ動画編集とかってなると、画面の広さが足りないなあ、もっと広いと効率がいいんだよなあ、と感じることは多々あります。

ちなみに、スリムなタイプの液晶モニタ台だと、奥行きが20センチとかもあるので、机の大きさによってよく考えた方がいいかもしれません。

「奥行き20センチのもの」

僕の机の奥行きは60センチです。
28センチだと半分近くなっちゃいますもんね。

「明るい木目はMacに合うのですが、奥行き28センチはちょっと大きい?」

モニタはかなり高くなるので、慣れるまで違和感があります。
背筋を伸ばして見るとちょうどいい感じ。
これで猫背でパソコンして疲れちゃうことも無くなりそう??

(関連記事)
作業効率を良くしたいので、液晶モニタ台を注文しました