安い!1,000円代からの撮影用照明レベルアップ!

こんにちは!Yukioです。

僕がずっと前にYouTubeにアップしてた動画はこんな感じでした。
スクリーンショット 2015-03-27 13.35.20.png

今も全く同じ部屋で撮影してますが、カメラの性能が抜群に良くなったというわけじゃなく、やはり部屋の明るさに気を使い出してから動画の見栄えは格段にアップしました。

撮影するときに部屋を明るくしなきゃいけないんですよ。
まず最初にやったことは、カーテンをはずしてブラインドにしたこと。
スクリーンショット 2015 03 27 13 55 09

これ、ニトリで1個500円代で買えるブラインドなんです。
それを3個買って、窓を全開にできるようにしました。
既製木目ブラインド(リンクス3 LBR 60X98): カーテン – 【ニトリ】公式通販 家具・インテリア通販のニトリネット

あと、撮影のときは右と左後ろに窓が2箇所あるんですが、前は壁だから暗いわけです。
だから前からの明るさをアップしないと自分がキレイに撮れません。

ちゃんとした照明がほしいところですが、とりあえず家にあるもので代用しています。

最初はレフ板を自分の前に置いていました。
スクリーンショット 2015 03 27 13 52 09

今はフロアライトを使っています。
スクリーンショット 2015 03 27 13 52 54

3つ電球がつくスタンドライトの上2つを、撮影時の照明用として使っています。

1個が直接。2個めが少し斜めにして壁に当てて反射させてる感じです。
使ってるのは昼白色の電球。

電池で使えるLEDライトも持ってるんですけど、これ1個だとちょっと暗いんですよね。
絶対的な明るさが足りないのか、それとも後で触れる演色性が足りないのか??

天気の悪いときとか夜でも撮影できるように、もっと光量のある照明も用意したいところですけど、今のところはフロアライトでやってます。

ところで、僕が撮影用に使ってるフロアライトで使っている電球は「電球形蛍光灯」じゃなくて「LED電球」です。

なんで100W相当までラインナップがある蛍光灯電球じゃなくて、40W相当程度の明るさのLED電球を使ってるかっていうと。

それは「演色性」が鍵になります。

演色性が高い方が、太陽の下で見るような自然な色が出やすくなります。
一般に売られている蛍光灯電球はみんなこの「演色性」が低いんです。

LED電球の場合は、家庭用でも「高演色性」をウリにした電球が売られています。

僕の主観では、100W相当の電球型蛍光灯より、40W相当のこの高演色性LED電球の方が、色がハッキリ見えるから「明るく見える」んです。

だから最近は、僕が照明を選ぶときは、明るさよりもこの演色性で選ぶことが多くなりました。

これから撮影用の照明をグレードアップさせるときも、おそらくこの演色性はキーになると思います。

照明についてはまたブログや動画で取り上げます。

以上、Kiss my lifeのYukioがお送りしました。

【動画あり】MOVERIO BT-200AVでYouTubeの3Dコンテンツを楽しんでみた

moverio youtube.png

こんにちは!Yukioです。

EPSONさんからMOVERIOをモニターでお借りして、YouTubeの動画を視聴してみました。

MOVERIOはWiFiとBluetoothに対応しています。

まずはWiFiで自宅のネットワークに接続!
これでブラウザを使ってネットサーフィンしたり、動画コンテンツを視聴したり、アプリをダウンロードしたりできるようになりました。

そしてBluetoothキーボードを接続します。
付属のコントローラーでも、文字入力エリアをタップすれば、スマホライクなソフトウェアキーボードを使って文字入力ができますが、慣れないとちょっと難しいんですよね。

こういうメガネ型のデバイスって慣れるまで時間がかかるので、まずはシンプルなゲームや映像コンテンツに挑戦。

「マイクロロボットシューティング」で3D空間で360度いろんな方向から襲ってくるロボットを撃ち落とします。背後の敵はレーダーを使って探すんですけど、可愛いロボットだからいいようなものの、ゾンビだったらかなり怖そう。

アプリのダウンロードサイトに様々なゲームが用意されてるんですが、ゲーマーではない僕には操作方法がわからなかったりしてすぐにギブアップ。

「ブラウザ」でYouTubeにアクセスして動画を視聴します。

MOVERIOはSide by Side(サイドバイサイド)方式の3Dコンテンツに対応しています。
なのでYouTubeにある3Dコンテンツに挑戦。
YouTubeでは「yt3d」というキーワードで探せます。

ちなみにサイドバイサイド方式の動画って、左右に同じような動画が表示されていて、裸眼による立体視ができるんですよね。
平行法といって、右の目で右の映像を、左の目で左の映像を見るわけです。
ちょっと練習が必要ですが、たしかに立体に見えます。
だけど左右方向が圧縮された縦長の映像になってしまうので、やっぱり専用機器で見たかったんですよね!

というわけでMOVERIOがきたら、一番最初に見たかったんです。
MOVERIOで映像を3Dで楽しむときは、サイドバイサイドの動画を再生してから「3Dモード」に切り替えます。

すごい!
すごいです!

目の前にある大画面のテレビから、僕に向かって突き刺さるようにモノが飛んできます!

3Dコンテンツによっては、まるで飛び出す絵本みたいに、手前のキャラクターと背景みたいな2層にしか見えないコンテンツもありますが、ちゃんと3Dを意識して撮影されたコンテンツはものすごくリアルに見えるんです。

3D対応テレビだと、テレビの他にさらにメガネをかけたりして見るものもありますが、MOVERIOなら、これひとつで立体映像が見えちゃうわけだから凄いですよね。

究極の省スペース機器で映像コンテンツを思い切り楽しむ。
時代は進化してるんですね。

MOVERIOの関連記事:
EPSON「MOVERIO BT-200AV」体験会参加レポート

【動画あり】KING JIM Pomera(ポメラ)DM25を使い始めて1か月後の感想

pomera dm25.jpg

こんにちは!Yukioです。

デジタルメモの「ポメラ」を入手してから1ヶ月経ちました。

その間、カフェでブログの記事を書いたり、動画のネタを書いたりして使ってきましたが、やっぱり文書作成の気持ちよさはハンパないですね。

いや、スマホ用のBluetoothキーボードだって高いのを買えばそれなりに気持ちよく入力できるものがいくらでもあるんでしょう。

だけど、さっと取り出してすぐ書ける手軽さや、文字入力のしやすさは、やはり強みになると実感しました。

IMG 3406iPhoneと外付けキーボードの組み合わせって、慣れればたいしたことないと思いますが、やはりちょっと面倒なんですよね。
iPhoneでメモ帳を立ち上げて、キーボードのスイッチを入れて、iPhoneをどこかに立てかけて、といった一連の動作って、ちょっと思いつきで文章を書きたいというときに、決して低くないハードルになっちゃうんですよね。

ポメラにもQRコードで作った文書をiPhoneに送れる(これを僕は無線と呼ぶ)という、ちょっと変わってるけど面白い機能があって、文書を作るー>すぐにシェアする、ということに不便はありません。

20とか30文字くらいだったらiPhoneのソフトウェアキーボードでいいけど、100文字くらいだったら、さっと取り出して文書を書けるポメラを取り出し、ささっと書いてiPhoneにQRコードで取り込み、っていうことも難なくできちゃいます。

まあポメラ自体がそれなりの値段がするので、わざわざ買った方がいいの?と聞かれると、それは人それぞれ、としか答えられませんけどね。

まあポメラも入門機、主力機、辞書内蔵でスマホともBluetoothで接続可能な機種など、いろいろあります。
だから「ちょっと興味がある」という人には「選ぶ楽しさ」を提供してくれるものであることは確かですね。

DM5
QRコードの出力機能はなく、パソコンとのUSB接続しかないけど、販売価格が魅力的。

DM25
折りたたみ型のメインとなる機種。

DM100
辞書機能を装備してバックライトも装備。Bluetoothも内蔵した上位機種。

EPSON「MOVERIO BT-200AV」体験会参加レポート

こんにちは!Yukioです。

2015年3月17日にエプソン本社で行われた、
Engadget「MOVERIO」体験会に参加しました。

プリンタやパソコン以外にも、技術力の高さを活かした腕時計型の活動量計やゴルフスイング解析システムなどの製品ラインナップを揃えるエプソンさん。
その中でもスマートグラスというジャンルの製品であるMOVERIO BT-200シリーズが、今回の体験会の主役。

epson bt-200av.jpg

MOVERIO(モベリオ)は、スマートグラスという近未来的なガジェットの中のひとつ。
各社から発売(あるいは開発中)といわれるスマートグラスですが、代表的なのはGoogle Glassですよね。

Google Glassが一方の目(単眼)の端っこに情報が表示され、「常時装着」「ナビゲーション」的な存在なのに対して、MOVERIOは映像が両目(両眼)の中央に大きく表示され、大迫力の映像コンテンツを楽しみつつ、シースルー型&アプリ拡張によってAR拡張現実的な遊び(ゲーム)や、開発ツールの配布によって開発者がそれぞれのアイデアや技術を活かしたアプリを開発することができるといった「欲張りな」特徴を持っています。

「tekkyu AR」というゲームアプリで遊んでいる様子
M1020041

MOVERIOを通して見ると、3Dの玉転がしゲームに見える
スクリーンショット 2015 03 19 14 49 22

メガネをかけると周囲が全く見えなくなるフルクローズド型や、視界の端っこに情報を表示する単眼シースルー型とは違い、視界の中央部に映像が見えるのがMOVERIO。付属の黒いシェードを装着して映像に没頭することも可能。
M1020044

周囲の状況を確認しながらコンテンツを見ることができるので、飲食しながら映画を見たり、料理をしながらレシピ確認、トレーニングビデオを見ながらエクササイズをする、といった使い方ができる
M1020045

3Dにも対応。Side by Side方式の3Dコンテンツ(地上波,BS,CSなど)も楽しめる。YouTubeのSide by Sideタイプの3D動画(左右に同じ動画が表示される動画がありますよね?)も見れるのかな?
M1020046

WiFi接続してネットサーフィンやインターネットで配信されている動画を見ることができるので、HDMI出力機器を持っていなくても色んなコンテンツが楽しめます。

ソフトウェアキーボードによる文字入力も可能ですが、Bluetoothにも対応しているので、キーボードを接続して快適に文字入力することも可能。

MOVERIO専用アプリダウンロードサイトからアプリをダウンロードして、目の前の人の笑顔スコアを表示する「パワースカウター」や拡張現実型のシューティングゲーム、楽天Koboなどの電子書籍を含めたコンテンツ視聴アプリを追加することもできるそうです。

MOVERIOでドローンからのライブビューを確認しながら空撮映像を撮ったり、アクションカムを接続して自分では見えない高いところの映像や後方の映像を確認しながら撮影するといった様々な応用方法が提案されていました。
M1020052

こんなふうに、ラジコンヘリ搭載カメラの映像がMOVERIOで確認できます。
IMG 3394

EPSONさんのMOVERIO BT-200の活用イメージ動画

この動画を最初見た時、カフェで使ったら絶対変な人だよ!
って思いました。
だけど今回の体験会では、社員の方が実際にカフェとか電車内で使った様子(チャレンジングですねー!!)を動画で紹介してくれたのですが、実際にはあまり周囲の視線は感じなかったとか。

最近はデザインの凝ったサングラスとかもあるので、周囲の人もそんなに気にしないんでしょうかね〜??

新幹線みたいな長時間乗るものでも「何だ?」っていって2度見されたのは1度だけだったとか。

映像の美しさは特筆もの

僕がMOVERIOを体験するにあたり、一番気になっていたもの。
それは、
表示される「映像は美しいのか?」
メガネ型のデバイスなので「疲れずに視聴できるか?」
でした。

プロモーション映像とかはハメコミ合成で作った「イメージ映像」なので、実際に自分の目で見るまでは判断できませんからね。

まず、映像は「目とメガネの距離」に見えるわけではなく、遠くに浮かんでいるように見えます。
なので「近くを見るような緊張状態」ではなく、「遠くを見るようなリラックスした目の状態」で見ることができます。
イベントで聞いた話では、遠くを見ればみるほど映像も遠くに見えるそうです。
2.5m先に40型テレビ、20m先だと320型の大画面が浮かんでいるように見えるということです。

また、頭の後ろまでバンドのようなもので装着するのではなくメガネ型なので、締め付けによる頭痛(個人差あると思いますが、僕はよく起こります)に悩まされることもなさそうです。

重さに関しても短時間ならそれほど「重い!」というわけではありませんが、映画1本分ぐらいになったらどうなるかは今後試してみたいと思います。

映像が遠くに見えるので近眼の人はメガネが必須です。
MOVERIOはメガネでの視聴も考慮されていて、個人に合わせて調整できる鼻当ての部分を、横一直線に開いてメガネのフレームにかけるようにすれば、違和感なく装着できました。

メガネをかけた上にMOVERIOを装着しています。
M1020039

映像自体は想像していたよりも、とても美しいです。
もっとボヤケた感じで発色も悪そうなイメージを持っていたのですが、960×540ドットで16:9の液晶パネルにはフルカラーで映像が表示されていて、普通にテレビを見るのとなんら遜色ない感じです。

音声は付属のマイク付きステレオイヤフォンのほか、お気に入りのヘッドフォンをつないで大迫力の音声も楽しむことができそう。

大画面を楽しむ

なんだか、できることが多すぎて頭の上に「?」がいっぱい点灯しそうな勢いですね笑
今のところ僕はラジコンヘリもHDMI出力機器もたいして持っていませんので、まずは「大画面で映像コンテンツを楽しむ」ということに挑戦してみたいと思います。

嬉しい事に、今回の体験会に参加した人には、6ヶ月間、MOVERIO BT-200AVが貸し出されました。

自宅にやってきたMOVERIOでは、まずBluetoothキーボードをつなげてWEB、ネットサーフィン、YouTube視聴、そしてYouTubeで配信されているSide by Side式の動画が3Dで視聴できるかなどを試してみたいと思います。

ということで、MOVERIOのレポートは続きます!

epson_300x250

ライトな雑談で相手との距離を縮めよう

Photo:coffee talk By:AnyaLogic
Photo:coffee talk By AnyaLogic

こんにちは!Yukioです。

数ヶ月前のことですけど、YouTubeスペースで初めてお会いしたクリエイターの方がいました。

その人は初対面の第一声から、有名クリエイターのダメだし、動画作りのなんたるかなどを真剣な表情で僕に語り始め、面食らったことがあります。

このように、初対面でまだお互いのことをよく知らないうちに結論ありきの会話(議論)を仕掛けるケースは希ですが、よく考えてみると、僕は結論を求めないライトな雑談って今までできてなかった気がします。

女性と会話するときは、結論ではなく話しを聴いて欲しい相手の気持ちを受け止めることが大切で、そこにアドバイスや結論を言う必要はないって言いますよね。

でも男性と会話するときも同じで、初対面の相手と仲良くなりたいときとか、相手との距離を縮めたいのなら、的確なコメントをしてやるぞ!とかそういう意識は邪魔になると思いました。

僕みたいな”友達がいないタイプ”の人って、自分のルールとか自分なりの考え方に固執していて、誰かと話すときもそのルールを当てはめてしまおうとするので、話す相手は拒絶されたように感じたり、仲良くなれる見込みがないと感じてしまうのかもしれません。

それと同じで、異性にモテないとか恋人ができないっていうのも、そばにいて窮屈そうに感じることが、相手を遠ざけてしまっているのかもしれません。

だから、これから僕はこんなふうに会話をしてみたいと思います。

まずはライトな会話で相手の世界を感じ取り、
相手の気持ちを受け止め、
さりげなく応援の気持ちを伝える。

ちょっと消極的に見えるかもしれませんね笑
でも今までの僕はシャイなくせに一度話し出すと自分の世界を押しつけるような雰囲気にしてしまうことが多かったので、それくらいがちょうどいいと思っています。

まあ「聴く」っていうことに関しても、相手が「聴いてもらえた」と感じて「もっとこの人と話したい」って思ってもらえるような聞き上手になるには、それなりの練習と経験が必要なんだと思いますけどねー。

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール