ソーシャル難民から救ってくれそうな1冊

Social mediaソーシャルメディアってなんか面白そうだ。

でもTwitterもFacebookもイマイチ使い方が分からない。

「ソーシャルメディア」って言葉の定義も分からない。

 

自分にピッタリな入り口が見つからない。

誰か背中を押してくれ!

そんなときに平野さんの「ソーシャルメディアの夜明け」という本に出会いました。

[box type=”tick” style=”rounded”]



ソーシャルメディアの夜明け―これからの時代を楽しく生きるためのヒント

[/box]

知りたいのはテクノロジーじゃなくて…

今どきは本との出会いも「ネットで話題になってる」がキッカケになることが多いんだろうけど、

ソーシャルメディア音痴の僕がTwitterのタイムラインでそんな情報を拾えるわけがない。

この本に出会ったキッカケは、平野さんが世の中に提案してくれたホームページ作成ソフト「BiND」のユーザーだったから。

本の題名も「ソーシャルメディアの夜明け」。

「夜明け」という言葉には、初心者でも読める「入門」というイメージもあるので気軽に買うことができた。

「使い方」が説明されてる本ばかりの中で、ソーシャルメディアに関わる「人の気持ち」にフォーカスされてそうなところも「読みたい!」と思わせるものだった。

 本当に欲しいものは…

ソーシャルメディアの「使い方」を知りたいんじゃないことは分かっていた。

でも自分が「結局ソーシャルメディアって僕たちをどんな気持ちにさせてくれるんだ?」ってことを知りたかったってことを、この本に出会って初めて気づいた気がする。

自分がガラケー(日本独特の携帯)に腹を立てていたのを知っていたのに、iPhoneの登場まで何が欲しいか気づかなかったみたいに。

高所恐怖症と新しいメディア

読み終わって気づいたこと。

自分は人を避けながら仕事をしていたけれど、本当は誰かと関わりたいってこと。

今はネットがあれば一人で仕事することができるし、誰とも関わらなければ耳障りな雑音も聞かずに済んでしまう。

それってストレスがなくて良い気もするけれど、この本を読んで自分の中に別の気持ちがあることに気づいた。

 

高所恐怖症の人が高い所を避けるみたいに、自分は人とのつながりを意図的に避けていた。

だからソーシャルメディアが理解できなかったんだと思う。

昔はプログラマーだったから仕組みは理解できる。

でも「人と関わる事。ネットの向こうの誰かとつながること」って部分を心のどこかで拒否してたから、いくら理解しようとしても分からなかったんだなと。

 

とはいうものの、まだまだ怖さもあります。

YouTubeにあげた動画がたまたまアクセス数が多くなり、2ちゃんねる状態のコメント攻撃に怖じ気づいたりとか、そんなこと。

負のエネルギーを避けるのは良い事だと聞いています。

だけど人との関わりを避け続けてると、ちょっとしたことにも免疫がなくなっちゃうんだよね。

デメリットにまさるメリットがあるってこともこの本が教えてくれた。

まだまだ怖いところもあるんだけど、

今までと違うことを少しずつ始めてみたいと思っています。

まだ友達になってないけどこれからなる出会う可能性のある人たち、

よろしくお願いします。

1日5分からの筋トレで、理想の体とヤル気を手に入れる

筋トレ
最近、鏡を見るのが楽しくなりました。

半袖シャツで胸を張り、角度を変えては観察する.

正直、家族には見られたくない姿です。

 

夏場、スタイルのいい異性の姿で心トキメクなら分かりますが、自分の姿を見て悦に入るなんて!

変です。気持ち悪いです。ハズカしいです(笑)

でもなかなか止められません。

 

いいことたくさん。自宅トレーニングのメリット

 

お金や時間をかけてジムに通わなくても、理想とする肉体を手に入れる自分なりの方法を見つけました。

何かをするたびに「よっこらしょ」とツラそうな思いをする必要もなくなりました。

これまでは一人で坂を上るのも辛かった嫁さんの自転車も、子どもを乗せて走ることも余裕でできるようになりました。

 

ジムに1年通った私の意見では、筋トレするなら自宅での自重トレーニングで十分だし、有酸素運動だって自宅でできると思います。

このような考え方に到達した背景には、実際に1年ジムに通って出来た体より、自宅トレーニングで出来た体の方がカッコ良くなったから。

そして元々有酸素運動については自宅で半年間続けてやっていて、ジムに通い始めた目的は筋トレだけだったから。

 

自宅トレーニングで十分だと考える理由は以下の3つ

1.マシントレーニングより自重トレーニングの方がカッコいい体が作れる(気がする)

2.有酸素運動は心拍計さえあればどこでも可能

3.ジムに通ったからといってコーチングは受けられない

 

1.マシントレーニングより自重トレーニングの方がカッコいい体が作れる?

マシントレーニングでは個々の筋肉を鍛えますが、それだけでは意味がないと思います。

スポーツ選手が通常のトレーニングの他に筋トレを追加するように、本来の健康美を手に入れるにはもっと実践的なトレーニングが必要のようです。

だからジムで行うマシントレーニングだけしてそれ以外は何もしない、という感じだとトータルに体を鍛えることができず、体全体としてカッコいい肉体になりにくいのではないかと思います。

「自宅で筋トレするのはいいけど、重いバーベルなんか買って自宅に置きたくないなあ。。。」

私も含めてそんな風に考える人は少なくないと思います。

これについては以下の本が参考になります。

[box type=”tick” style=”rounded”]

[/box]

2.有酸素運動は心拍計さえあればどこでも可能?

有酸素運動は「最大心拍数の65~85%で20分以上x週3日以上」というのが私が信じている健康のための運動ルールです。

これを実践するには

1.心拍計を入手する。

2.自宅の部屋でエアロビもどきでいいので、ゾーン内で20分間の運動をする。(可能な人はなわとびとかジョギングでもいい)

これだけです。

心拍計(ハートレートモニター)は種類がいっぱいあります。筋トレにまで利用できるものもあるようですが、使い方が複雑で実用性が低そうなので、シンプルなものがいいのではないかと思います。

私は以下のものを使っています。

[box type=”tick” style=”rounded”]

[/box]

 

3.ジムに通ったからといってコーチングは受けられない?

これは致命的だったんですが、ジムに言っても効果的なアドバイスは全くと言っていいほど受けられませんでした。

これは個人個人の健康や運動に関する知識の差や、ジムのサービス内容による差が大きいと思いますが、私は1年経ったところでもはや通う必要はないという結論に達しました。

本当のことを言うと「月謝を節約したい」というのも理由のひとつなんですけどね。

 

まとめ

 

ジムは利用方法が限られ、目的がハッキリしていたり特別なトレーニングを必要とする人に有効な手段だと思います。

筋トレや有酸素運動は自宅でも可能ですし、時間的金銭的な節約にもなります。

筋トレを含めた自宅トレーニングはまだ始めて3ヶ月程度ですが、ジムに通っていたとき以上にハリのある生活をしています。

運動を続けることで血行もよくなり肩こりや腰痛も改善しますし、チャレンジ精神やヤル気が蘇って若返りにもなっています。

「今までの自分じゃできそうもないこと」

引き締まった体やパワフルな体を手に入れることができるんだったら、他の目標だって可能なんじゃないか?

そう信じられるようになる気がします。

 

正しい食事と正しい運動が健康を作ります。

「健康」というと使い古されて価値がない言葉のように感じますが、一日中好きなことに熱中することができる「手段」と考えたらどうでしょうか?

医者は病気を直すのではなく対処するだけだということは、私たちが運動をするかしないかとか食事の選択が、自分の活動の幅や寿命を決めることにもなるかもしれません。

選択の結果は自分で責任をとるしかありません。正しい選択に向けて行動するときかもしれません。

特にこれまで運動をしようと思っても行動できなかった人。

できることから始めてみませんか?