豊かさとは of 野菜宅配生活「らでぃっしゅぼーやの巻」



家族みんなが病気知らずの生活を求めたら、野菜と果物中心の生活になりました。

豊かさとは

現代は昔に比べ、物質的に豊かになってきました。
食べるものに困る人もそんなにおらず、住むところも大抵あります。

しかし、「幸せですか?」の問いに、Yesと答えた人は25%しかいないのが日本の現状です。

幸せって、豊かさってなんでしょうか。
家族が円満で健康な方が人生楽しそうだなと私は思います。
現代は孤独で不健康な人が増える世の中になってきているのだと思います。

ではどうしたらいいのでしょうか?
今回は「食」というテーマで見ていきたいと思います。

10年後に若々しくいる為に、今できることはなんだと思いますか?
究極のアンチエイジングです。
現在の食生活が10年後の自分の体を作るそうです。
なので今の体は私が26歳の頃の食事からできています。

その当時はカナダ留学が終わり、日本で働き始め、自炊をしていたのでまだ安心なのですが、あと5年もすると5年前夜勤をしていたころの食生活の不摂生が出てきそうでこわいです。

コンビニ弁当に100円ショップのパスタソース、カップラーメンにパン・・・風邪を引きまくりました。
その頃は知識も時間もなく、手軽で便利なものを利用していた毎日でした。

今思うと病気するのは当たり前。
だって栄養が入ってないものばかり食べていたのですから。
今の野菜は昔の野菜と比べ栄養価が低くなっているばかりか、お弁当には野菜はほんのちょっぴり。
体に必要な野菜が持つビタミン、ミネラル、病気と闘えるフィトケミカルはそれらには全く入っておらず、さらに添加物などがてんこ盛りな為、体は冷え、免疫力は低下していきます。

人間の体とはよくできたもので、年中血液検査を自分でしています。
食べたものから血液を通して体全体に栄養が運ばれていきますが、栄養の度合いをいつもチェックして足りない場合は「もっと食べて~栄養不足だよ~」と信号を出します。
それを受けて「食べる」のですが、その食べているものが栄養価の低いものだった場合、いくら食べても空腹感が残りもっともっとと食べてしまうわけです。

「食事でかかる新型栄養失調」という本を見かけました。
一見問題のなさそうな食事をしていてもミネラル不足で体がだるかったりやる気がわかなかったりするそうです。
こんな本も目からウロコでしたけど(笑)

Plain_ble_Right.png 日本人の“命”を縮める「食」―食品汚染・外食産業・給食・そして食料危機…みんな気づいていない「食べもの」の危機

野菜を沢山取るといいよ。とよく言われています。
沢山取るにはどうしたらいいでしょう。
茹でたり蒸したりすると量は減りますが栄養も多少逃げていきます。
野菜独特の甘みがでて食べる楽しみはありますよ。
私は野菜のいいところがじんわりでてくる煮物が大好きです。

生でバリバリ食べるのもいいのですが、沢山摂るには野菜と果物をジュースにして飲むのもよいでしょう。
今はすばらしい機能のジューサーが出ていて皮まで料理に使えるらしいのです。
皮や葉っぱに栄養があるといいますのでレシピ付きでこれは必見ですよね。
このジューサーは感動ものです。生の野菜や果物が救世主!サイトの動画が必見!面白かったです。

Plain_ble_Right.png スタイルプラス パワージューサーの紹介ページ

私自身、調理法は好みだしバランスだとも思っています。
妊婦の時には「あまり生野菜や果物を摂りすぎないでください」と助産師さんから言われました。
それは体を冷やしてしまうからです。
野菜自体にも陰と陽のものがあり、体を温めたり冷やしたりするものがあるといいます。
あまり詳しくはないのですが、極めていくのも面白いなと思っています。
野菜と上手に付き合っていくことは自然との調和ではないでしょうか。


10年後の自分の体を作る、今食べておきたい野菜とはどんなものなのでしょう。

こんなコラムがありました。(おいしさのひみつは土壌にありに続く

「らでぃっしゅぼーや」をお試しするには?

最大8週間お試し。配送料0円・入会金なし・年会費なし。さらにポイントプレゼント。
誘導ボタン.jpg